09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコに旅に出る ★Part;⑥★

2017年 02月27日 16:30 (月)

≪名古屋錦★BAR隠れ家★本日のBLOG≫


トルコ旅行、8日目。
2月19日(日)

朝方小雨が降ったようですが、流石あたし。晴れ女(*^^*)
出発時快晴(^^♪


日本では“ブルーモスク”の名で有名なモスク、“スルタン・アフメット”は今でも礼拝堂として使われている場所でとっても厳格な雰囲気。

DSC07376_convert_20170227081223.jpg

女性は頭にスカーフをまかねばなりません。

DSC07368_convert_20170227081036.jpg

ブルーの細かで美しいタイルは必見です♡

DSC07378_convert_20170227081423.jpg

そしてこのモスクにささやかながら寄付をさせて頂きました。
※寄付には領収書が出ます。

“ブルーモスク”を後にして、徒歩で“アヤソフィア”へ。
ここは、映画「ダヴィンチコード」のシリーズ、"インフェルノ"でも出ている場所。

元々はキリスト教の教会だったこの場所は、オスマントルコ時代にイスラム教のモスクとして姿を変えるわけですが、最大とも言われるこの建築には、キリスト教、イスラムの融合が見受けられます。

DSC07389_convert_20170227082119.jpg

DSC07381_convert_20170227081607.jpg

今は博物館として公開されています。

DSC07387_convert_20170227081948.jpg

中でもこの“アヤソフィア”のモザイク画はとても美しく必見です!!

DSC07397_convert_20170227082356.jpg

2階にあるモザイク画の聖母マリア様。

DSC07398_convert_20170227082529.jpg

『こんなに美しい女性がいるのか』とものすごく感じてしまったのは初めてかもしれない。
※写真では伝わりにくいのがもどかしい・・・。

そして色んな所でも紹介されている”アヤソフィア”の名所の一つ。

"すすり泣く柱"

柱に開いている穴に親指を入れて時計回りにぐるっと一周できると目が良くなるとか、子宝に恵まれるとか、何かしら幸運が訪れると言う物。
そして、その穴から指を抜いた時、指が湿っていたりすることがあるそうで、それはまた幸運なことらしい。

DSC07385_convert_20170227081753.jpg

試しましたよ♡
余裕で一周できました(*^^*)


そして今度はまた近くにある“トプカプ宮殿”へ。

DSC07411_convert_20170227082655.jpg

ここは雑誌にもよく紹介される日本で言えば大奥のような”ハレム”があります。
別料金です。
あたしは”ハレム”には色々見て回りました。

DSC07437_convert_20170227083056.jpg

DSC07434_convert_20170227082941.jpg

この宮殿は撮影禁止の処も多く、ご紹介できずに残念ですが、ローマ時代などに実際使われた武器なども展示されていて、武器や県も好きなあたしは時間があれば何時間でも食い入るように見ていたと思います(^_^;)

DSC07425_convert_20170227082824.jpg


ドネールケバブの昼食

DSC07449_convert_20170227083407.jpg

DSC07450_convert_20170227083701.jpg

DSC07452_convert_20170227083847.jpg

ビーフの薄切りですね♪結構量が多くてお腹いっぱいになりすぎました(^_^;)


その後はオプショナルツアーへ♪
“ボスフォラス海峡クルーズ”

DSC07463_convert_20170227084018.jpg

この海峡の沿岸に昨年テロの合った高級ナイトパブがあった。
その場所だけそのままにされている感じで静けさがあった・・・。


約1時間のクルージング(*^^*)

DSC07464_convert_20170227084155.jpg

DSC07490_convert_20170227084327.jpg

ちょっと寒かったけど、“乙女の塔”も見れたし、いろいろ見れて楽しかった🎵

DSC07493_convert_20170227084432.jpg
※“乙女の塔”は伝説があるらしく、王様が大切にしている娘が占い師に17歳までに死ぬと言われ、王様はこの塔へ娘を閉じ込め、死して無事に17歳を迎えるその日、王様はお祝いにと沢山の果物を娘に持って行った。だが、その果物の中にヘビが紛れ込んでおり、娘はそのヘビに噛まれて死んだという話。

海にはクラゲが大量発生していてちょっと引いたケド。


下船して、エジプシャンバザールへ。

DSC07506_convert_20170227084713.jpg

その途中、トルコのB級グルメ、“サバサンド”を食す!!

DSC07505_convert_20170227084546.jpg

DSC07507_convert_20170227084824.jpg


250円くらい。
でも、ボリューム感、味、結構イケます(*^^*)

トルコでの最後のディナーまでまだ時間もあったので、トルコのローカル電車、“トラム”に乗ってみる。
乗って、降りて、乗って帰る(笑)

DSC07508_convert_20170227085055.jpg

DSC07510_convert_20170227085315.jpg

ただの体験をした。
※片道4TLぐらい。(この時のレートは1TL=35円ほど。)

DSC07512_convert_20170227085511.jpg

もっと時間があったらトプカプ宮殿の近くにある地下宮殿行きたかったなぁ・・・


今夜は民族舞踊とベリーダンスディナーショー(^^♪

DSC07517_convert_20170227094525.jpg

ホテルからバスで15分ほど。

DSC07573_convert_20170227095115.jpg

DSC07585_convert_20170227095207.jpg

いつもだったらものすごい人数が入るレストランらしいけど、やっぱりここ最近は激減しているみたいで、ほぼ貸し切り状態・・・。

DSC07524_convert_20170227094715.jpg

お客さん参加型・・・
ダンサーの人が観客席に降りてきて、何人かをピックアップする。

・・・あたしこういう時、ほぼ100%に近いほどピックアップされる・・・。

DSC07553_convert_20170227094858.jpg

今回もです(笑)


DSC07559_convert_20170227095018.jpg

でも、お母さんが笑ってくれてるから、ま。いっか♥


2月20日(月)

とうとう、トルコを離れる日です。
まだまだたっぷり!!なんて思っていたけど、本当にあっという間だった。
ものすごいスピードで10日間が過ぎたように思える。


最後の日は朝から土砂降りで足止めをされてるみたい。


午前中、観光名所の一つ、“グランドバザール”へ。
“グランドバザール”は映画の舞台にも何回もなってる場所で、偽物市場とも呼ばれてるらしい(笑)

DSC07591_convert_20170227095409.jpg

DSC07592_convert_20170227101740.jpg


20以上のGATEがあり、店舗数4000件以上。
ちゃんと見ようとすると3日じゃた足りないらしい(^_^;)


“グランドバザール”を後に、そのままイスタンブール空港へ向かう。

DSC07594_convert_20170227095654.jpg

空港に慌ただしく入り、長距離、安全運転で、気さくで素敵な笑顔のドライバーハッセンさんとお別れし、現地ガイドのとても物知りで冗談が面白いニハットさんともお別れ。
名残惜しい気分でした。

本当にお世話になりました。

空港チェックインを済ませ、また長い帰路へつく。

DSC07596_convert_20170227095826.jpg

エティハド航空の遅れで、本当だったらアブダビのトランジットで時間に余裕があるはずだったのに、走りまくる始末(^_^;)

旅の醍醐味、ここにもあるわね・・・。

地球の回転の沿うように飛行機は今回飛ぶから帰りは少し早い。

飛行機の中、また映画を観た。
(Horrible Brosses、それとトルコの舞台が沢山出る、インフェルノ)


やっぱりこういう旅が好き。

歴史を感じる世界観が好き。

好きで溜まらない。


ちょっと寒かったし、不安や心配もあったし、色々な感情が沢山あったトルコの旅。

非常事態宣言が出てるなんて感じなかったし、思わなかった。


色々な感情が入交じり、100年で起こることが1年で起こるトルコの世界観。
世界に君臨する大きな文明の拠点ともいえるトルコ。

想いはせり、自分を見直すきっかけになったかもしれない。
…ほんの少しだけ・・・。

自分は自分だけど、自分らしくいたいケド、

より良い自分になるために。


旅は良い。




スポンサーサイト

トルコに旅に出る ★Part;⑤★

2017年 02月27日 16:20 (月)

≪名古屋錦★BAR隠れ家★本日のBLOG≫


トルコ旅行。
2月18日(土)

“トロイ遺跡”
ギリシャの詩人、ホメロスの叙事詩『イリアス』のトロイの話はただの神話とされていましたが、19世紀ドイツ人のシュリーマンは史実であると信じ、見事発掘に成功し、トロイの街が実在したと証明されました。

DSC07265_convert_20170227065751.jpg

このトロイの街はエフェソスと同様、港町が近く、とても栄えた街で、同じ場所に何度も街が作られましたが、これもまたエフェソス同様川の氾濫でやむなくトロイの人たちはイスタンブールに移動していたそうです。


DSC07284_convert_20170227065841.jpg

レンガ造りが見事ではありますが・・・
人が少なすぎ・・・

DSC07295_convert_20170227065934.jpg

期待し過ぎで行くと、こんな感じなの?と思う方もいるかも。
でも、至る所に映画や本でしか読んだことしかない世界が、時代を超えて今目の前にあると言う事に感動以外は心に浮かびません。

DSC07304_convert_20170227070025.jpg

そしてバスごとフェリーへ。
ダーダネルス海峡を渡り、アジア側からヨーロッパ側へ。

DSC07320_convert_20170227070116.jpg

鯖料理の昼食を済ませ、イスタンブールへ。

DSC07322_convert_20170227070232.jpg

DSC07327_convert_20170227070334.jpg

バスでの移動、約2800㎞。ドライバーのハッセンさん、本当にお疲れ様です・・・。


夕食は、3本の指に入るというくらいのイスタンブールのレストラン。

DSC07334_convert_20170227073524.jpg

DSC07335_convert_20170227073742.jpg

シーフードレストランで、“キョフテ”と言うトルコ風ハンバーグ!!

DSC07337_convert_20170227074040.jpg

レストランを出て、現地ガイドのニハットさんと1枚(*^^*)

DSC07341_convert_20170227074604.jpg

そしてイスタンブールのホテルへチェックイン!

DSC07342_convert_20170227074737.jpg

DSC07343_convert_20170227074941.jpg

都心のど真ん中で、入口からは想像もつかない、中へ入ると街のようになっていてとってもキレイで部屋も広い!!

DSC07346_convert_20170227075106.jpg

DSC07347_convert_20170227075237.jpg

このホテルは2連泊なのでちょっとくつろげる気分です♪

トルコに旅に出る ★Part;④★

2017年 02月27日 16:00 (月)

≪名古屋錦★BAR隠れ家★本日のBLOG≫

トルコ旅行。
6日目。2月17日(金)

パムッカレを後にし、残存する遺跡でその状態がとても良い“エフェソス”へ向かう。


途中のドライブインでトルコの人が好きなお菓子、“ロコモ”をお店用のお土産としてお買い上げ。

DSC07150_convert_20170227062536.jpg

あたしにはやっぱり甘すぎます・・・予想通りですがね(^_^;)

そして革製品でも有名なトルコ。
イタリアやフランスのブランドの革はほとんどトルコで生産されているものだとか。

そんな革製品を取り扱うお店で、革好きなあたしはライダーズジャケットをGET♥


そして昼食、“チョップシシケバブ”
小さく刻んだケバブ。美味しいケド、見た目は焼き鳥屋さんで出てくるものと一緒(笑)


午後、“エフェソス”に到着。
古代ローマ時代、港町として大いに栄えたこの場所はあのクレオパトラも訪れたことがあるとか。

DSC07197_convert_20170227062826.jpg

DSC07182_convert_20170227062642.jpg

そして川の氾濫によってエフェソスの人たちはイズミールに移動したそうです。

残存する遺跡の中でも上位に誇る図書館や闘技場は圧巻です♪

DSC07225_convert_20170227063056.jpg

DSC07239_convert_20170227063146.jpg

DSC07240_convert_20170227063303.jpg



DSC07205_convert_20170227063006.jpg

途中仲良くなったカメラマンさんと(*^^*)


DSC07193_convert_20170227062742.jpg

勝利の女神“ニケ”はスポーツブランドで人気のNIKEのもとになった女神(^^♪

この日はあの寒さはいずこへ?!と言うくらいの暖かい日で、時に暑さも感じる本当にいいお天気!!

夕方にはエーゲ海を望むホテルにチェックイン。

DSC07255_convert_20170227063506.jpg

DSC07257_convert_20170227063557.jpg

10日間、もう半分以上過ぎて、毎日があっと言う間です。



トルコに旅に出る ★Part;③★

2017年 02月27日 15:40 (月)

≪名古屋錦★BAR隠れ家★本日のBLOG≫


トルコ旅行。
5日目、2月16日(木)

コンヤはかつてセルジューク・トルコの首都だったそう。
コンヤでの観光START!

オスマントルコ時代、イスラム教に社会階級はなく、お金持ちだろうが貧乏だろうが誰でも無料で学べたそう。
その学校でもあった”インジェレミナーレ神学校”で写真撮影(^^♪

DSC07023_convert_20170227050012.jpg

そして、メブラーナ博物館へ。
メブラーナとは人の名前で、イスラム神秘主義教団の先生で、『神の前では宗教は関係ない』と説いたとっても有名な方だそうです。

DSC07029_convert_20170227050140.jpg

DSC07046_convert_20170227050251.jpg

その方のお墓もあり、また色々な展示もとっても見応えがある博物館でした(^^)



そしてお昼ご飯(^^♪

DSC07067_convert_20170227051403.jpg

トルコ風ピザ。

DSC07069_convert_20170227051820.jpg

※トルコ風ピザの事“ピデ”と言います(*^^*)

パムッカレまでは約6j時間の道のり。
道中のドライブインで、これもB級グルメの一つ。はちみつヨーグルト!!

DSC07074_convert_20170227052607.jpg

水あめのような硬さのヨーグルトにはちみつ、ケシのみをかけ、よく混ぜて食べる。初めての食感でした!でも、美味しい( *´艸`)


カーブの多い山道を登り、パムッカレの石灰棚が見えて来ました!
この日はとてもお天気に恵まれた日で、遠目から見た石灰棚は雪のように澄んでいた。


パムッカレが世界遺産になった時、ヒエラポリスはそのパムッカレの中に存在している為、便乗するように世界遺産になったとか(笑)

DSC07090_convert_20170227052756.jpg

DSC07092_convert_20170227052852.jpg

でも、ギリシャ、ローマ時代の遺跡が温水プールの中に眠っているのは本当に幻想的で、不思議な気分になりました。


このパムッカレは、なんでだろう?!鶏がモチーフ?!キャラクター?!になっているそうで、お土産屋さんには恐ろしい数の鶏の置物が並んでた(笑)

DSC07094_convert_20170227052943.jpg

DSC07084_convert_20170227052703.jpg


石灰棚へ・・・
世界遺産の本のようにたくさんの水は張られていませんでしたが、その感動は言葉にならなかった。

DSC07099_convert_20170227054745.jpg

DSC07101_convert_20170227054840.jpg

神秘、幻想、自然が織りなすその軌跡を感じざるを得ない。

DSC07102_convert_20170227054932.jpg

この美しさは人の手では決して作り上げることが出来ない。

温泉が流れるこの石灰棚。

夏は場所によっては泳いだり出来るそうです。

DSC07107_convert_20170227055022.jpg

この時期は足湯を体験(^^♪心地よかった♡

DSC07117_convert_20170227055121.jpg

DSC07126_convert_20170227055801.jpg

お母さんともステキな写真が撮れました♥

DSC07124_convert_20170227055847.jpg

そしてまたカーブの多い山道を下り、パムッカレにある温泉スパのあるコテージ風のホテルへ。

DSC07131_convert_20170227055936.jpg

DSC07133_convert_20170227060845.jpg

ホテル内にあるBARで夜、ベリーダンスショーがあると言う事だったので夕食後に行ってみた。
そして、トルコでは有名なお酒、“RAKI”

DSC07137_convert_20170227060211.jpg

ぺルの風の甘みがあり癖のある味。水や氷を加えると分離によって白濁する。
一応お土産でお店にあります♪

でも・・・ベリーダンスは微妙で・・・
DSC07143_convert_20170227060428.jpg

すぐBARを後にしましたとさ(笑)


トルコに旅に出る ★Part;②★

2017年 02月27日 15:30 (月)

≪名古屋錦★BAR隠れ家★本日のBLOG≫

トルコ旅行。
2月15日(水)

午前中はオプショナルツアー。

カッパドキアを空から見下ろす、気球体験とギョレメ野外博物館。
両方体験される方も見えましたが、あたしとお母さんはギョレメ野外博物館へ。

気球は飛ぶか飛ばないかは朝わかるくらいデリケートみたいで特に冬に今は飛ばないことも多いとか。
でも、この日は飛んだようです(*^^*)

朝の天気はどこへ?!と言うくらいあたし達がギョレメ野外博物館へ行く頃雪が深々と降り始め、あっという間に雪化粧に包まれました(^_^;)

このギョレメ野外博物館はいわゆる宗教大学と言ってもい位の場所だとか。

DSC06927_convert_20170227035740.jpg

DSC06929_convert_20170227040003.jpg

ここ一体に400以上の教会がひしめき合い、ここで学び、故郷に戻り学んだことを教え広める、学ぶために生活する教会群で、文字を読めない人のために壁画を利用して教えていたとかできれいに残っている壁画もまだ存在している。

DSC06948_convert_20170227040238.jpg

DSC06951_convert_20170227040348.jpg

これが12~13世紀に描かれたものだなんて不思議でそして神秘を感じます。

オプショナルツアーの後は、トルコ絨毯工房へ。
まるで描いたような織物に感動!!

絨毯なんて本当に興味なかったけど、つい・・・玄関マットほどのサイズではありますが買っちゃいました♥
何十年も色落ちせず、お洗濯も出来、その質は衰えず、しかも重い物を置いても毛が折れない特別な折り方をするトルコ絨毯。

DSC06962_convert_20170227040636.jpg

DSC06973_convert_20170227040749.jpg

長く使える鋳物、そして肌触りも最高(^^♪あたしは玄関マットとしてではなく、リビングに置こうと思ってます( *´艸`)


トルコ絨毯工房の後はこの地ならでは?!の洞窟レストランへ♪

DSC06978_convert_20170227042230.jpg

DSC06983_convert_20170227042331.jpg

久々のお魚、マス料理(^^)
ただ骨が多い・・・。


パシャバー、きのこ岩群の公園?!を散歩(^^)
壮大な岩群に圧倒。

DSC06990_convert_20170227042734.jpg

雪が深々と降り続いてとっても寒かったけど(^_^;)

その後は陶器工房見学。
一つ一つに細かい絵が施されていて、また絵が描きたいと衝動にかられました・・・。

DSC06993_convert_20170227043019.jpg

DSC07001_convert_20170227043129.jpg

お土産用、お店用、お家用にカワイイお皿や飾り、コースターなどを買っちゃいました♥

DSC07004_convert_20170227043238.jpg


シルクロードがあった道を通り、コンヤへ到着。

DSC06992_convert_20170227042912.jpg

※シルクロードって一本道じゃないのね(^_^;)今さらながら知らなかった・・・。

本日はコンヤ泊。

DSC07020_convert_20170227043444.jpg

DSC07016_convert_20170227043349.jpg

意外に都会な場所だったのでちょっと散策しようかとも思ったけど、ホテルの外は道凍ってるし・・・断念してこの日も部屋飲み(笑)

明日、2月16日(木)はこれもまた一生に一回は絶対この目で見たいと思った場所、パムッカレへ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。