02月 « 2011年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【国際協力師になるために】

2011年 03月31日 02:44 (木)

【国際協力師になるために】

3月ももう終わりですね。月日が経つのはなんて早いんでしょう・・・。小学生の時は1年がやけに長く感じた物ですけど。あれは、見る物・感じる物の量が少ないからと言われています。ある程度年を取り、経験を積み重ねると、毎日が同じように感じ、月日が流れるのが早く感じられると某科学者が言っていました。あたしもそんな年になったんだなぁ・・・と我に返ります。

と。言う事で、最近あたしが読み終えた本です。

【国際協力師になるために】

以前、読んだ本で国境なき医師団の本で【世界で一番いのちの短い国】と言うのを読みました。その同じ著者で山本 敏晴 と言う方がこれからの世代に向けた一冊の本です。
この方、辛口と言うか、適当ではなく、でも人間性のあふれた書き方であたしはとてもはまってます。

将来、とても近い将来、ボランティアでもなんでもいい。人のために何かを命をかけてしてみたいと本気で思っている30代のあたし。あほでしょ??

でも、日本の文化って難しい・・・。色々調べてはいるけど、大学院卒じゃないといけないとか、あれが無いといけないとか、これが無いといけないとか。本気でそう思っている人は沢山いるのに壁が高い。
だから、遊び半分のボランティアしか出来ないし、お金寄付するしかない。
日本は非課税(非営利・NGOとか。)とかあるけど、実際お金を寄付してもどのように活用されているかは分からない。公表の義務はあれど、それを知る人はほとんどいない。コンビニの募金箱、本当に活用されているか、誰でも知ってますよね??

あたしは色々な理由で大学には行ってない。バイクの大型免許とかはあるけど、特殊な国家資格もない。誰もが今、必死で生きるために働いてる、それと同じ生活。今から大学院卒の資格を取るのも難しい。国際協力師になるのには30代のあたしには厳しすぎる。
でも、何か道はないかと必死に模索してる。
これは、あたし自身の欺瞞なのかな・・・?

この【国際協力師になるために】の中にこんな文章があった。

〝各国の自殺率、と言う統計があるが、自殺率がもっとも高い国は、リトアニア、ロシア、ベラルーシなど社会主義圏から資本主義へと移行し、急激な経済発展を遂げた地域である事が分かっている。〟
つまり、アフリカのマズローと言う心理学者の言葉によれば、人間の欲求は5つの段階に分かれると言う。
①生理的欲求 ②安全の欲求 ③親和の欲求 ④自我の欲求 ⑤自己実現の欲求
①・②・③が満たされると、自分が何者か考え出し、最終的には自分の夢を実現したくなる・・・という法則。
例えば、会社での地位をどうする、社会での名誉をどうする、自分の子供の将来の学歴計画、お金や物があるだけではない本当の幸せ・・・という複雑な物。

開発途上国でもあるアフリカは常に自殺率は低い。日本は大体10~15位くらい。

〝経済が発展すればするほど、人間の自己実現の欲望は複雑を増していき、その結果、欲望が達成される事は困難になり、満たされなくなり、心は貧困に陥っていく。〟

〝戦争しか知らない子供〟、〝戦争を知らない子供〟日本。
沢山の選択肢が用意されているのにもかかわらず、すべて空虚になる。そして目的が分からなくなる。

本当の貧困って、お金や地位じゃなくて、心かも・・・。(確かに生きていくのにはお金は必要だけど。)

見えないものに手を伸ばすのではなく、あたしはリアルでいたい。
スポンサーサイト

テーマ : 感想
ジャンル : 小説・文学

錦3丁目 歩く

2011年 03月29日 23:03 (火)

 最近、錦の街はどうしたのでしょうか・・・?

春も近づき、宵の空気も心地よくなってきたと言うのに・・・。

BAR隠れ家の扉を開け、階段の踊り場へ出る。
そして錦の街を見渡してみる。

あれ??

ビルには明かりが灯り、コンビニは煌々としている。
でも、人がいない。
キャッチの人も見えない。

一気に神隠しにあったのか、と思うくらい。映画を観てるよう。ちょっとしたゴースト・タウンかと思った。

で。
また店が終わって、繰り出してみた。

あたしがむか~~~しからお世話になっている【BAR COLLINS】
聞いたらもう16年だそうで。

ここのマスターもかなりの人(色々な意味で。)ですが、いつも会いたくても帰った後。でも、ここのバーテンのKくんは、馴染みやすい良い人です。つい甘えてしまいますね(笑)

この、【BAR COLLINS】は都ビル5階にあります。ここのエレベーターに乗った時、【BAR 梅屋】のUさんと一緒になった。お久しぶりでございます。又伺いますので・・・。


写真、撮り忘れてしまいました・・・。載せたい・・・。でもたぶん、また、すぐ。伺うと思います。4月から営業時間延長していただけるみたいなので(嬉)

お店の営業時間も過ぎ、ここのバーテンさんのKくんと【BAR COLLINS】を後に致しました。

そして、また飲みに歩く錦の住民。
お次のお店は【FLORAL】

BAR隠れ家、あたしのお店のご近所さんで(笑)サンニシキビルB1階。
ここのお店ももう長いですね、お世話になってます。ビルの外に看板立ってるから分かりやすいですね。

写真撮り忘れましたが、頂いたDMから拝借。

【FLORAL】店内写真

広い店内で、カウンターとソファー席。
お料理も豊富でお腹がすいた方にもお勧めの場所ですね。

一緒に行ったKくん、面白い出来上がり方で・・・(大笑)人の変わりようがステキ。お酒って色々な人柄が見えて面白いですよね。
自転車・・・見つかるといいね、Kくん。

日曜日、久々の休肝日だったのに、また飲みすぎてしまった・・・。
ダメなワタシ。でもヤメラレナイ・・・。

今度、またちゃんと写真アップしたいと思います。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

【REDACTED 真実の価値】

2011年 03月28日 22:08 (月)

昨日の日曜日は、もう死んだように寝ました・・・。

人間、こんなにも寝れるのか・・・と、言うくらい。
用事が(でも大した用事ではない)あったにもかかわらず、寝た。
そして映画を観る。

・・・なんてこった。

【REDACTED 真実の価値】

【REDACTED 真実の価値】

ヴェネチア国際映画祭 銀獅子賞受賞 巨匠ブライアン・デ・パルマが描いた衝撃作として有名。
この映画、賞を受賞したけれど、賛否両論で、米国内では上映禁止騒動がありました。日本ではR指定でした。

監督、ブライアン・デ・パルマはかつて、【カジュアリティーズ】と言うベトナム戦争で米兵が集団レイプ・殺人の映画を描いています。
この映画も、2006年実際に起きた〝マフムーディーセ虐殺事件〟をもとにしたフィクションです。
イラク戦争でサマラ地区に駐屯している米兵は目的やその意味も深く知らされず、ただ命令に従うのみ。駐屯期間もいつの間にか長期化していき、状況を逸してきたその心にはもはや、人格は消えていく。
戦争と言う題材でなくても、ロシアでの人体実験など、人の心は壊れやすい。
これは実際あたしが読んだ本にも同じことが書かれていたけど、「BARRAGEを通って米兵に殺された人数2000人、その中に本当の敵は60人」

映画としては本当に衝撃的内容だとは思いますが〝反戦映画〟として考えると少しパワー不足と感じてしまいます。映画の中に、本当の虐殺写真が掲載される場面がありますので、苦手な人は見ないほうがいいと思います。
各メディアの視点から、この時代だからこそのユーチュ-ブ等を組み込んだりと特殊なところは面白いと思いましたね。個人的に。
一人の新人兵が戦争の状況を撮影し続けると言う風合いなので、基本、ビデオ撮影のような映画です。でも、それだけではないので少しあいまいな感じもします。きれいに撮り過ぎ・・・と言いますか・・・。
米兵が拉致され惨殺されるシーンもあります。残虐さは伝わらず・・・あれだったら逆に撮らない方がと思ってしまいました。
こんな風にあたしは書いていますが、戦争を軽視しているわけではありません。
いまでも世界では紛争や戦争が終わらない状況で、見通しもない。

その中で、戦争しか知らない子供たち、その世界でしか生きていけない人々もいる。

その後の結果は、誰が決めるのでしょうか・・・。

巨匠ブライアン・デ・パルマはその他、【ボディ・ダブル】【アンタッチャブル】【ミッション・イン・ポッシブル】【スネーク・アイズ】【ブラック・ダリア】ナドも監督しています。
製作にはシモーン・アードル、ジェニファー・ワイス
キャストは、パトリック・キャロル、ロブ・デヴァニー、イジー・ディアス、タイ・ジョーンズ、ケル・オニール、ダニエル・シチュアート・シャーマン ナド。

戦争は心の悪が引き起こす物で、決して他人事ではないと思います。事実を感じなければいけない時もありますよね・・・。











テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

【OUTRAGE】 【ヒーロー・ウォンテッド】

2011年 03月22日 23:25 (火)

久々の連休♪

でも、予定は色々な事があり、すべて無くなり・・・(悲)

ま。ゆっくり映画を観させていただきました(笑)


【OUTRAGE】

【OUTRAGE】

カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式上映作品
この映画は本当、賛否両論でしたね、かなり悪評も高かったような・・・。でも、北野武監督の「賞を取る為に映画を作ってるんじゃない」と言うコメントには惚れました・・・。
出演はビート武・椎名桔平・三浦友和・加瀬亮・石橋蓮司・中野英雄・國村隼人・小日向文世・塚本高史・北村総一朗ナド豪華俳優人たち。
サブタイトル(?)に〝全員悪人〟とあります。確かにみんな悪人です、が、その中でも必死に弟分たちを守ろうとするところなどは見入りましたね。椎名桔平はカッコ良かったです(笑)加瀬亮の知的なやくざぶりもなかなかでした。
國村隼人演じる役は、どこの世界にもいるような長い物に巻かれるタイプで弱い物、利用できる物、すべて使うと言った役柄でした。
やくざの世界は知りませんが、こういうものなのかしら・・・。
描写はすごいですね、力強いと言うか・・・。確かに賛否両論になるのは良く分かります。北野武監督はカメラテストをほとんどしなくて有名だそうで、それでもあれだけの物を完成させる能力はうらやましい限りです。

個人的にこの映画を観て・・・やくざさんは、車のナンバー気にされる方多いのね・・・。やっぱり。・・・と思ったのは、最初のあたりのシーンで。
余談ですけど、最初のシーンの辺りである料亭の駐車場に止まっている車、ナンバーは〝3737〟、その後、その料亭の門から続々と出て行く車の中に〝3737〟の車。またその後駐車場のシーン。〝3737〟はまだ止まっている。
・・・あれ??さっき門から出て行ったはず・・・。と、ささやかな疑問。わざとかしら・・・。???

映画の感想と言えば、中途半端にはしない絶対的な悪人、カッコいいケドカッコ悪い大人の汚い喧嘩。
2011年秋、【OUTRAGE 2】が公開予定とか。楽しみですね♪

【ヒーロー・ウォンテッド】

【ヒーロー・ウォンテッド】

2008年アメリカで公開された作品ですね。
主演は1996年アカデミー賞助演男優賞を獲得した、キューバ・グッディング.Jr.〝星の王子様ニューヨークへ行く〟〝ア・フュー・グッドメン〟〝アウトブレイク〟〝恋愛小説家〟(個人的になぜかこのイメージが強い)〝コン・フェッション〟〝ザ・エージェント〟〝パール・ハーバー〟〝アメリカン・ギャングスター〟等々実力派俳優です。
レイ・リオッタは、独特な俳優だと思います。この映画ではう~~ん?!と言う役柄ですが、〝グッド・フェローズ〟〝ハンニバル〟〝ブロウ〟〝アイデンティティ〟〝ダウト〟ナド多数出演されていますね。
また、ノーマン・リーダスは〝ミミック〟〝8mm〟〝処刑人〟〝処刑人2〟〝ブレイド2〟〝アメリカン・ギャングスター〟ナドに出演されていて、シャープな顔つきのイケメン俳優だと思います。
キム・コーツは〝バイオハザード IVアフターライフ〟〝サイレント・ヒル〟〝ウォーターワールド〟ナドに出演されていますが、結構公開未の作品が多いようで・・・。
ベン・クロスと言う俳優がこの映画に出演されていますが、どこかで見た気がするんですけど・・・。と、思ったら〝スタートレック〟でした(笑)後、〝エクソシスト〟にも。
監督はブライアン・シュメルツ・・・はっきり申し上げてあまり存じ上げません。すいません・・・。
脚本は、チャド・ロー/エヴァン・ロー・・・こちらもあまり・・・。
製作総指揮にアヴィ・ラーナー、ダニー・ディムボート、トレヴァー・ショート、ポワズ・デヴィットソン、この方たちは手がけた映画は数知れず・・・。まさに熟練と言いますか。
個人的に好きなのはトミー・フラナガン、同姓同名でミュージシャンがいます。〝ブレイブ・ハート〟〝グラディエイター〟〝チャーリーズ・エンジェル〟〝フェイス/オフ〟〝シン・シティ〟、セリフが少なくともその存在感がある役者さんですね。人柄は良いそうですが、悪役顔ですね。

この映画のコメントと言えば・・・、過去と現在の話や流れがあまりスムーズでは有りませんね、でも、内容的には分かりやすいので困惑はしませんけど、タイトルの【ヒーロー・ウォンテッド】はちと、大げさな気もします。
やっぱり、アメリカ映画ですね。このタイプの映画は必ずと言って良いほどHAPPY END。楽しんだか・・・と言われると微妙な気分に浸りますが、だっーっと観れる感覚です。
若干、チープな感じも覚えます。ストーリーの流れは、心の弱さゆえに間違いを犯してしまう・・・ような。
TVで夜21時ぐらいからやるような映画ですね。でも、つい観てしまう感じです。
あとくされない感じで、観やすい映画だと思います。

さて、仕事頑張ろうっと♪♪♪
みなさまも、ステキな夜を・・・。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

【TEARS OF THE SUN】 【我が教え子、ヒトラー】

2011年 03月22日 01:41 (火)

【TEARS OF THE SUN】

【TEARS OF THE SUN】

この映画は2003年アメリカで公開されました。
主演はブルース・ウィリス モニカ・ベルッチと2大俳優の共演ですね。
その他にもジョニー・メスナーは〝アナコンダ2〟にも出演しています、ニック・チンランドは〝リーサル・ウェポン3〟〝コン・エアー〟〝リディック〟〝イレイザー〟〝レジェンド・オブ・ゾロ〟〝ウルトラヴァイオレット〟、チャールズ・イングラム、ポール・フランシスは〝24〟〝CSI 科学捜査班〟等TVドラマシリーズにゲスト出演が多く見られる俳優さん。コール・ハウザーは〝ワイルド・スピード2〟出演、イーモン・ウォーカーはTVシリーズ〝OZ/オズ〟、トム・スケリットは1979年の〝エイリアン〟〝コンタクト〟〝デッドゾーン〟〝トップガン〟〝マグノリアの花たち〟〝星に願いを〟〝コンバット〟(TVシリーズ)〝バニシング・シティ〟ナドナド出演されているベテランさん。
監督はアントワン・フークア〝キング・アーサー〟〝ザ・シューター〟〝クロシング〟ナドも監督されています。
製作にはイアン・ブライス、〝プライベート・ライアン〟〝スピード〟〝スパイダーマン〟〝あの頃ペニーレインと〟〝トランス・フォーマー〟〝ツィスター〟ナドも手がけています。また、脚本にはアレックス・ラスカー〝ファイアー・フォックス〟くらいですか・・・。(?)

内容と言えば、ナイジェリア紛争のことになりますが、今でも1年に一度は民族紛争などが起こると言う緊迫した状況でもあります。反米、反政府軍であり、イスラム教組織のフラニ族と米国が支援するキリスト教組織のイボ族の石油利権と民族問題の紛争で起こる映画ですが、元になった話が、(あたしの見解ですが)ナイジャリア内にある「ソコト」と言う場所がイスラム王国中心地であり、そこに元々放牧民であったフラニ族が多く存在。1900年~1966年までイギリスの支配下となる。そして、1966年、イボ族が作り上げたナイジェリア東部、ビアフラ共和国「エヌグ」と言う首都が軍事クーデターを起こし、独立を宣言した。同年、ソコト君主が暗殺され、ナイジェリア内の紛争が始まった。結局、1970年には敗戦し、再び、ナイジェリアに吸収された。・・・この戦争がこの映画の基になった物のような気がしています・・・。
この映画は、描写も細かく、戦争の悲惨さが切ないほどよく描かれています。同じ民族、同じ人間でなぜ人はこうも残酷に慣れるのか、また主人公の心の変化にも注目していただきたいです。
当初のタイトルは【Rules of Engagement】だったそうです。撮影は本当にアフリカでと監督は思っていたそうですが、9・11の関係で撮影はハワイでされたそうです。

【我が教え子、ヒトラー】

【我が教え子、ヒトラー】

1944年にあった実話をもとにしたお話です。
ユダヤ人監督、そして兼脚本はダニー・レヴィで〝ショコラーデ〟〝盗聴2〟、俳優としても〝彼女たちの時間〟に出演されています。製作はシュテファン・アルント。〝白いリボン〟〝影のない男〟〝グッバイ・レーニン〟〝ラン・ロー・ラン〟も手がけています。

1944年、国家存亡の危機にあるナチス・ドイツ。国民の戦意高揚の為、カリスマ性を失ったヒトラーに演説指導をした教師がいた事が実際に判明。
本当はユダヤ人ではなかったみたい・・・(?!)ですが、あえてユダヤ人という設定が面白い。皮肉たっぷりの映画です。主演は〝善き人のためのソナタ〟〝カフカの城〟〝ファニーゲーム〟のウルリッヒ・ミューエ。現在はもう亡くなっています。本当の遺作は妻・スザンネ・ロタールと共演した〝Nemesis〟ですが、公開と言う点でこの映画が遺作と言う人も多いです。ステキな役者さんです。
ヒトラー役にはヘルゲ・シュナイダーです。映画にはあまり出演されてないみたい・・・。

ヒトラーや、ナチスドイツ関係の映画はかなり多いですよね・・・・。切ない物ばかりですが。
この映画は1944年12月~1月の設定なので、この3ヶ月後ぐらいにヒトラーは自殺する事になるわけですが、この映画を観た後に〝ヒトラー~最期の12日間~〟を観ても・・・いいんじゃないかしら。あの映画も良く描かれています。

本日は春分の日。連休明けでしんどいと思いますが皆様頑張りましょうね。
あたしもめったにない連休、だらだらさせていただきました(笑)

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

BAR隠れ家 春のイベントのお知らせ

2011年 03月20日 22:54 (日)

まだ寒さが残りますね・・・。

でも、春の匂いがしてまいりました。

BAR隠れ家では、〝お花見〟を計画しています。
日時は4月3日の日曜日です。

場所は名城公園を予定しています。

詳細等はBAR隠れ家にお電話いただくか、あたしの携帯まで。

みんなで盛り上がりたいと考えています。ご協力お願いいたします。

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

2010/06/18~ EGYPT

2011年 03月19日 03:21 (土)

去年、エジプトに行って来ました。またもや一人で。
その時の写真の一部をご紹介。
旅の助けになればと・・・。

かなり厚いですね、気温56度体験して来ました。笑えます。人間厚すぎると笑えるのですね・・・。
旅に出る2日前にぎっくり腰になり、どうなる事やらとホントに、心底思いましたが、何とかなる物です。
コルセットと針とシップがあれば。人間は意外と丈夫です。

ハトシェプト女王葬祭殿
初のエジプト女王の〝ハトシェプト女王葬祭殿〟
カルナック神殿
カルナック神殿・・・羊の頭してます
ライトアップのルクソール神殿
ライトアップのルクソール神殿
ライトアップのルクソール神殿 オベリスク
ルクソール神殿のオベリスク
ホルス神殿
ホルス神殿 あたしはこのホルス神、結構大好きです。伝説も好きです。愛し合った2人の子供です。
アブシンベル 大神殿
アブシンベル神殿の大神殿
アブシンベル 小神殿
アブシンベル神殿 小神殿 ラムセス2世がネフェリタリをどれだけ愛していたか分かります。いわれの多いアブシンベルは必見です。
ギザのピラミッド
ギザのピラミッド
ギザの3大ピラミッド
ギザの3大ピラミッド、ピラミッドの言葉の由来はギリシャ語です。
DSC00229_convert_20110318213956.jpg
一番とんでいるのはあたしです・・・。
スフィンクス
スフィンクス、色々見ると小さく感じます。でもでかいです。
階段ピラミッド
階段ピラミッド
伝統舞踊のベリーダンス
伝統舞踊のベリーダンス イスラム教の人は少ないとか。ほとんどがアラブの人だそうです。
DSC00306_convert_20110319022509.jpg
とにかく回り続ける伝統舞踊・・・。
オールドカイロ
オールドカイロ コプト教の隠れ家的。
考古学博物館
今や、デモの関係で破損が激しいと言われていますが・・・。カイロ考古学博物館です。
ハイビスカス
ハイビスカスはエジプトでとってもおいしいお茶として生まれ変わったりします。お土産にはちょうどいいかと・・・。

また今年はどこに放浪しようか・・・。
もう考えていますけど。これが楽しくて仕方ない。
いつも一人だからどうなるか分からないのに・・・。

テーマ : 世界遺産
ジャンル : 海外情報

2009/06/28~ CAMBODIA

2011年 03月18日 04:02 (金)

30歳を超え、一人で1年に最低でも一カ国、旅をしようと決めた。
20代の時、30になるまでに大型バイクの免許を取り、ハーレーに乗る事を決め、それは達成。
そして新たな目標へ・・・。
あたしはとても世界遺産好き。
何かあるんじゃないかと思うくらい。
2009年、一人CAMBODIAに旅した写真のご紹介。
旅を考えている人のお役に立てれば・・・。

アンコール・ワット
アンコール・ワットの朝日
アンコール・ワットの朝日
アンコール・ワット
アンコール・ワット内レリーフ
アンコール・ワット
アンコール・トム
アンコール・トム
タプロム
タプロム
タプロムは映画【トゥームレイダー】の舞台になった場所ですね。
バンテ・アスレイ
東洋のモナリザ バンテ・アスレイ内
バンテ・アスレイは〝女の砦〟と言われています。美しいレリーフ〝東洋のモナリザ〟は必見です。
ベンメリア
ベンメリア
ベンメリア
ベンメリア
ベンメリアは郊外に位置する遺跡です。ここは日本のアニメの巨匠、宮崎駿の【天空の城ラピュタ】の元になった場所です。個人的に大好きです。
カンボジアの街
カンボジアの街
伝統舞踊〝アプサラ〟
伝統舞踊、アプサラです。指の角度や手の動き、すべてに意味があります。
はすの花
トンレサップ湖にて
トンレサップ湖では水上生活をされている方がとても多いです。この写真は水上生活をしているベトナム人。場所によってカンボジアの人も住んでいます。
カンボジアの子供たち
オールドマーケット内

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

潤いください

2011年 03月17日 20:47 (木)

女と言うもの、日々大変ですよね。

仕事・恋愛・ビューティ対策。家事や育児までされている方も。尊敬です。

でも、毎日行うのはツライ・・・あたしは秘かに面倒くさがりであります。それでも週に最低一度はパックしてます♪

DSC04249_convert_20110317204049.jpg

たぶん、知ってる人は知ってると思います。あたしが愛用している韓国製です。
ネットでも買えるので助かります。

浸透も良くて、即効性があるように感じます。あたしはとても乾燥肌なので助かっています。本当に色々な種類があるので、その日の気分で♪

あたしはこのパックをして、サランラップをその上から張ります。密封ですね。でも、一度何を考えたのか、鼻と口をふさいでしまい、死に掛けました・・・。

White Day・・・

2011年 03月16日 21:00 (水)

3月14日はWhite Day。
日本の習慣ですね。

記憶を辿れば悲しい結末が多いので、いつも気にしません(笑)

ところがっ・・・!!!(驚)

涙が出ます・・・。
1日遅れのWhite Dayと言う事で、BAR隠れ家に足を運んでくださいました・・・。
付き合い長いですね・・・。Sさん・・・。(なぜかあだ名はZuさん。)

いつもありがとうございます(涙)

Sさん、流石です。あたしは甘い物苦手だし、何にしようか悩まれたんですね。その心遣いだけで嬉しいです。
でも。〝世界初〟だそうです。
あたしもお酒の世界にいますが、はじめて見ましたね。

〝Blanc de Bleu〟
〝Blanc de Bleu〟
(ブラン・ド・ブルー)カルフォルニアのスパークリングワイン 750ml 11%

〝Blanc de Bleu〟

ブルーのスパークリング、シャンパンは世界初。だそうです。ホント、あたしも初めて見ました。
飲み口はやや辛口かな??
でも、飲みやすいですね♪
かなりキレイな色してます♪結婚式とかにも受けそうですね。〝samething blue〟と言います物ね。
舌は青くなりませんでした(笑)

ステキなチョイスです、あえてZuさん。
ありがとうございます。

大切に飲ませていただきますね♪♪♪
あたしのWhite Dayの歴史に花がつきました♪

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。