01月 « 2014年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年 02月24日 02:57 (月)

hituji10_convert_20140224021842.jpg


2月9日。この日曜の夜から異変を感じていた。


月曜から実感し、火曜にそれは現実となり体感する事になる。

仕事を休む事をこの上なくと言う程嫌うあたしが店を休む事にした。


・・・静まり返る独り暮らしの部屋。

明かりをつける事さえままならない状態のあたしのそばには、可愛い愛犬がまるであたしを温めるかのように両側を2匹が寄り添い寝ている。

何を見るわけでもなく、暗がりの中携帯を手にしていた。

そして何も考えられないあたしは母に電話した。


母も仕事をしている。忙しい。疲れているかも知れない。でも、ただ声が聞きたくなった。


次の日、母が来た。おっきなダンボールを抱えて。

中にはプリンや野菜、スープやお菓子を詰め込んで。


あたしはベッドに横たわり、せわしなく動く母の足音に耳を傾けていた。

・・・『部屋に人がいる』

その暖かみや安心感に涙が出そうになった。



キッチンで母が何かを作っている気配。
カチャカチャと音を立てて・・・。なぜだろう・・・?!心地が良い。

体を起こし、リビングでテレビを観始めたあたしに、母が作っていた“何か”を持って来た。

“茶わん蒸し”だった。

少し前まで❛しいたけ❜が食べられなかったあたし。“茶わん蒸し”にスプーンを入れながら最近食べられるようになったと話すと、『なぁんだ~!知らなかった。入れればよかったね♪』と笑う母の顔。

一緒に笑ったが本当は嬉しくてまた泣きそうになった。


人にご飯を作ってもらうなんて何年ぶりの事だろう・・・。誰かがあたしの為に料理してくれるなんて考えてもみなくなってた。


『あんた、コレ好きだよね♡』

子供の頃から甘いものは苦手で、お酒のつまみのようなものが好きだったあたしに“スーパーツナ”“甘のしいか”ナドダンボールから出し、テーブルに並べていく。

『あと、寒い時履いてね♡』と、母とおそろいの靴下。

『新しいから大丈夫よ♪』


なんて可愛い人なのか。


image (99)


連絡を取ってないわけじゃない。
ただ、電話をする時、いつも心配をかけてしまう。

あたしがもっとちゃんとして母を助けてあげないといけないのに。いつもあたしが助けられる。

あたしの好みを知っていて、あたしの性格も、母の作るごはんが大好きなのも母は知っている。

いつも明るくて、笑って、ドジでおっちょこちょいだけど、真面目で頑張り屋。


愛すべき女性。


この“人”の娘で本当に嬉しい。


母が帰ってからあたしは泣いた。嬉しくて泣いた。


母の“血”を引いてるからあたしは今まで頑張って来れたと思う。
そしてこれからも愛すべき母の“血”を引いてあたしはまた頑張って生きて行く。

世界でただ一人。心から尊敬する女性。

母の“力”にはまだ到底勝てそうにはない。


あたしは母が大好きだ。
スポンサーサイト

テーマ : ちょっとしたこと書きます
ジャンル : ブログ

【路上のソリスト】

2014年 02月12日 16:02 (水)

【路上のソリスト】

2009年アメリカ映画。


L.Aタイムズ紙のコラム「西の視点(ポインツ・ウェスト)」を連載している記者スティーブ・ロペスがある日、路上で出会うホームレスとの交流を映画化した実話。


そのホームレスとは、弦が2本しかないバイオリンを弾いていたナサニエル・エアーズ。
統合失調症の彼はあの有名なジュリアート音楽院にも在籍していたチェロ演奏者。

ナサニエルの生い立ちに興味を持った記者スティーブは記事にしていく。

後にナサニエルの生い立ちに同情した読者が是非彼に使ってほしいと“チェロ”を送る。


image (87)


<監督>
ジョー・ライト・・・【プライドと偏見】【つぐない】【ハンナ】

<脚本>
スザンナ・グラント

<原作>
スティーブ・ロペス

<製作>
ゲイリー・フォスター、ラス・クラスノフ

<製作総指揮>
ティム・ピーヴァン
エリック・フェルナー・・・この2人は“ワーキング・タイトル・フィルムズ”の共同経営者。プロデューサー、エグゼクティブプロデューサーであり、【ファーゴ】【コレリ大尉とマンドリン】【ラブ・アクチュアリー】【ノッティングヒルの恋人】【エリザベス】【レ・ミゼラブル】などを手掛けている。アカデミー賞作品賞にもノミネートされている実力派♪

ジェフ・スコール、パトリシア・ウィッチャー

<主演・出演>
ジェイミー・フォックス・・・【Ray】の印象がとても強いですね・・・。

ロバート・ダウニー・Jr・・・とても大好きな俳優さんです。お父様が映画監督さんらしく5歳の頃から映画に子役として出ていたそう。色々問題もありますね(^_^;)、8歳の頃から薬物依存症で何度も逮捕歴があるそうです。
でも、やっぱりすごい。独学ピアニストでシンガーソングライターとしても活躍されている!!48歳とは思えないあのセクシーな感じは目を奪われます(*^^*)

キャサリン・キーナー・・・【イン・トゥ・ザ・ワイルド】青年の実話を基にした映画です。これもステキな映画♪

トム・ホランダー・・・【トゥルー・ブルー】【プライドと偏見】【パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマン・チェスト、ワールド・エンド】【エリザベス・ゴールデンエイジ】【ワルキューレ】【ハンナ】他多数出演されていて、165㎝と言う身長を活かしてかなりの役を演じています。個人的に好きな映画によく出られているので何か身近に感じます(笑)

レイチェル・ハリス・・・コメディアン女優。【スチュワート・リトル2】【ハングオーバー】ナド。

スティーブン・ルート・・・元々舞台俳優。【ブラックレイン】【ゴースト/ニューヨークの幻】【ロボコップ3】ナド。

リサ・ゲイ・ハミルトン

ネルサン・エリス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・他。



L.Aの記者とホームレス音楽家の交流を綴った連載コラムの実話。
コラムからの映画化は珍しいことだそうです。

2人の出会いから物語はスタートする。
タイトルから“泣ける”・・・ようなイメージを持つ方もいると思いますが、そう言うイメージで鑑賞するとその感想は「つまらない」と言うものになってしまうかも知れません。


困難を乗り越え2人には“友情”が芽生え『素晴らしい結果になりました!!』と言う映画ではありません。

記者スティーブ(ロバート・ダウニー・Jr)は彼によりよい環境で音楽の世界に戻そうと奮闘するけど、それは記者ならではの“記事”にしたいからであって、ホームレス音楽家ナサニエル(ジェイミー・フォックス)は独特な世界観の持ち主で出来ればほっといて欲しい。2人の過程が物語になっています。

タイトルに“ソリスト”とあるからと言って、音楽が沢山聞けるかと思いきやそれも期待はできません。

でも、娯楽性は低い、深い所で感じさせてくれるこの物語に説得力を与えてくれるのは何と言ってもロバート・ダウニー・Jrとジェイミー・フォックスの演技。


細かな部分で色々気づかせてくれます。2人の憤りなどを感じさせる演技を観ると言う事ではすごく価値のあるものだと思います。


これだから映画はやめられません(笑)

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

BAR 隠れ家★建国記念日★&★St.Valentine's Day★お知らせ

2014年 02月10日 15:03 (月)

皆様お疲れ様です(*^^*)

先日の雪、大丈夫でしたか?!

関東の方では45年ぶりの積雪だったそうで交通が麻痺してる様子をNEWSで拝見いたしました・・・。



2月も早、中旬を迎えました。

2月11日火曜日の“建国記念日”は通常通り隠れ家はひっそり(?)営業いたしますよ~~♡

img_848094_34759919_2.jpg


隠れ家ほっこりあたためてお待ちしています。
しかも、2月7日~23日の17日間ソチオリンピックが開催されていますよね!!

nLppBdi6.jpg


がんばれ!!日本!!!と言う事で隠れ家ではソチオリンピックを大画面で流してます!!!みんなで応援しませんか!?


そして、来週14日(金)は・・・?!

St.Valemtine's Day

Valentines-day-roses1-300x225.jpg


日々、お世話になっている皆様にささやかな贈り物を用意しております(*^^*)


是非感謝の気持ちを受け取ってください。


テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

歳廻“災難除祈願”

2014年 02月09日 13:49 (日)

2月3日。

節分。

この日あたしは“災難除祈願”をしてきました。

世間では女性は30代2回厄年があるとされています。
数え年で、前厄32歳・本厄33歳・後厄34歳
     前厄36歳・本厄37歳・後厄38歳


世間ではあたしは本厄になるワケですが、いつも厄除祈願で御祈祷をお願いする所は熱田神宮。
(勝手にあたしが氏神様と思っているので(^^♪)

今年松の内に参拝させていただいた時確認したけど、あたしの生まれ年は無かったので・・・・はて?どうしたものか。
と、思っていました。


そうこう言ううちに節分間近になり、1つ年下の友達に「マキちゃん、あたしの1コ上だから本厄だよ!!行った方が良いよ~!!」なんて可愛く言われちゃったものだから行きました・・・。(笑)


熱田神宮の神主さんに尋ねてみたらどうやら一般の暦と熱田神宮の暦は異なるそうです。

image (98)


と言う事で、あたしの生まれ年は“厄年”でなく“歳廻”とされる年に一致。
“厄除祈願”ではなく、“災難除祈願”の御祈祷をしていただきました。

熱田神宮で御祈祷をされている方は1度熱田暦をご確認していただいた方がよろしいかと思います(*^^*)

御祈祷していただく場所は新しくなってから初めて中に入ったような気がします。
まだ真新しい木の色や香りが落ち着きます。

image (91)


確か釘などを使わない独特な方法で建てられていると聞いたことがあります。

木を切ることなく新しく建てるものをそれに合わせる・・・古きものを大切にし、新しきものはそれに学ぶ。日本の趣を感じました。

image (97)

image (96)


御祈祷の後はご本殿にご挨拶させていただき、1月には伺う事が出来なかったご本殿ちょうど裏に当たる“お清水”

image (93)


image (95)


中央にある石は、楊貴妃の石塔の1部との説もあり、3度水をかけて祈念すると願いが叶うと言われています。

image (94)


この場所があたしはとても気に入っています。何かが存在していそうな・・・そんな気にしてくれます。


一般的には節分までに“厄払い”を行った方が良いとされてはいますが、その日までに必ずしも!!と言う事ではないそうです。

image (92)


でも、行けて良かったな、と感じています(*^^*)


後は進むのみ、頑張るのみ!!精一杯、少しづつでも良いから新しくステキな一歩を歩んで行きたいと思います。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

【その夜の侍】

2014年 02月03日 14:15 (月)

【その夜の侍】


久々に映画の事を書くような気がします。

映画自体は毎週自宅で鑑賞してはいるのですが・・・(^_^;)


この映画は2007年劇団“THE SHAMPOO HAT”で舞台劇を原作とした作品で2012年PG-12で日本公開されています。


<監督・脚本・原作>
赤堀 雅秋・・・この作品が監督デヴューとか。

<エグゼクティブ・プロデューサー>
小西 啓介、重村 博文、杉田 浩光、西田 圭吾、中村 昌志

<プロデューサー>
藤村 恵子

<主題歌>
UA「星影の小径」・・・誰だろうと思ったらやっぱり(^^♪UAは個人的にも大好きです。


<主演・出演>
堺 雅人

山田 孝之・・・色々な海外の雑誌でも唯一名前が取り上げられたりするなどホントにスゴイ役者さんですよね。独特な雰囲気とか、素晴らしい。最近知りましたが(笑)結婚されてたんですね!!

新井 浩文・・・何処かで観たな、と思ったら【クローズ ZEROⅡ】でした。

綾野 剛

坂井 真紀

田口 トモロヲ

木南 晴夏

谷村 美月

高橋 努・・・彼もまた【クローズ】に出演。

山田 キヌヲ

安藤 サクラ

峯村 リエ

黒田 大輔

小林 勝也

三谷 昇


image (86)


印象的にはちょっと前に観た邦画【凶悪】に似た感想を覚えました。

【凶悪】にも山田孝之は出演されているワケですが全く印象の異なる役割ではあります・・・。


妻を轢き逃げされた被害者と轢き逃げした加害者のストーリーではあります。

【その夜の侍】と言うタイトル。その独特な流れに思っていたイメージと違いました。


堺雅人もその役作りだとは勿論思いますが、中年のそのお腹の出具合や、メガネが曇るほどのねっとりした湿気感は映画から直に伝わるようでした。

山田孝之の非道で無茶苦茶な行いや発する言葉、雰囲気も彼だから表すことの出来る存在感は目を見張るものがありました。


ホテトル嬢の役の安藤サクラ。中々良い感じでした。淡々と話すその素振りがこの後どうなるのかな(物語の流れが。)?!なんて感じさせてくれました。


妻を轢き逃げされた被害者が反省の色も見せない加害者に復讐をしようと言う物語。
妻の命日に加害者を殺して自分も死ぬ・・・そのカウントダウンが始まる。


被害者と加害者、お互いの憤りや緊迫感はよく表されていたと思いますが納得を求めて鑑賞するとカウンターを食らうことになります。


この二人の共通点・・・全く違うようでどこか似ている・・・そんなイメージを持ちました。
“何かに依存している”

例えばそれがタバコだったりで紛らわしているような・・・この映画の中では幾度となく無造作にタバコに火をつけるシーンがありますが二人がどこか共通していると言う映画の必須アイテムのように感じました。


ちょっとした心の隙間が人を蝕んでしまう、そして気付いた時には自分でもどうしたら良いのかか分からない状況にまで進んで行ってしまっている・・・、そんなメッセージが込められているように思いました。


決して派手な映画ではありません。

そしてまた清潔感がなく、どこか匂い、湿気、人があまり好まないような物まで臨場感あふれる程に伝わってくる間隔です。
ある意味、ここまで感じさせてくれるのは邦画ならではなのかもしれません。



印象的なのは・・・『こんばんは』


よかったら観てみてください。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

如月 NAIL

2014年 02月02日 07:28 (日)

“如月”

2月の事でもありますが別名“梅見月”(むめみつき)、“木目月”(このめつき)もあるんですよね(^^)
旧暦2月は新暦では3月頃にあたり、梅が咲く時期ともされこう言う別名があるそうです。


12月はXmasもあったし、1月は新年を迎えると言う事もあって少し派手な感じにしていましたが、今回は初めてとも言える落ち着いた配色をチョイス(^^♪

image (88)


何か初めてだけど、こう言う落ち着いた感じも良いかも♪


明日は節分(^^♪隠れ家では豆まき・・・は致しませんのであしからず(笑)

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

如月 始まる

2014年 02月01日 17:44 (土)

早いモノで1月も終わってしまい、1年の12分の1が過ぎてしまいました(笑)

2月はグレゴリオ暦で第2の月にあたり、通常では28日、閏年は29日となっていますよね。
他の月が30日、31日に対してナゼ!?

と言うのは、アウグストゥスが紀元前8年8月の日数を30日から31日に変更し、不足した日数を2月から差し引いたからとされているらしい。
それ以前は3月が年初めだったため単に年末の2月から差し引いたとされているそうです。


とまぁ、雑学ではありますが(笑)

2年ほど隠れ家のある葡萄屋ビル1階に店頭看板として働いてくれたモノがとうとうさよならと言う・・・雨の日も風の日も、雪や・・・またまた蹴られたりして日々頑張ってくれていましたがお別れを致しました。

お知らせ①!!

新たに葡萄屋ビル1階に隠れ家店頭看板を設置致しました(*´▽`*)
前回より内容をシンプルに写真を貼ったりなどわかりやすく仕上げてみました♪

image (85)


どうぞよろしくお願いいたします!!


そして!お知らせ②

最近ロックグラスが立て続けに割れてしまい、かなり数が減ってしまったのでこちらも新しく買って来ました(*´▽`*)
是非新しいこのグラスでお酒を楽しんでください♪

image (84)


お知らせ第③~~(*´▽`*)

あたしの好きなWHISKY♡“JAMESON”アイリッシュです(*^^*)
毎年限定でデザインボトルが発売されるんです♪

image (83)

写真㊨;通常ボトル
写真中央;2014 今年のデザインボトル
写真㊧;昨年のデザインボトル

毎年楽しみです♡

さて、まだまだ寒いですが、春が少しずつ近づいてる感じがします(*´▽`*)
今月も頑張りましょうね!!

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。