FC2ブログ

09月 « 2019年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

【世界で一番いのちの短い国】

2011年 03月07日 03:14 (月)

 最近、なんだか読書始めました。
今まで、漫画とか好きだったこともあるけど、あまり活字ばかりだと抵抗あって・・・。

読みかけで終わってしまうコトもしばしば・・・。
・・・だったあたしが、最近読み始めたりして。自分でも驚きです。

ちなみに最近読み終わった本、【世界で一番いのちの短い国】

【世界で一番いのちの短い国】

作者は、山本敏晴
国境無き医師団よりアフリカのシエラレオネ共和国に派遣された実話に基づく話です。

あたしは以前からいつかは海外の、生きたくも死に行く子供たちや人のボランティアを目指しています。
漠然とした夢で、大金持ちでもないし、特別な知識があるわけでも無い。それでもあたしにはなにかが出来るんじゃないかと考えています。

そんなこんなでこの本を手に取り、読みふけったわけだけれど・・・・。

この〝シエラレオネ〟と言う国、5歳になるまでに子供の3分の1が死んで行き、平均寿命最短の国として知られています。が、日本人のほとんどの人がこの国の存在さえ知らないのも事実の話。
あたしもその一人。

この国、ダイヤモンドが取れるらしいのだけれど、それを狙って、隣国のリベリアから攻め入られ、小さな子供や女性の被害が多く、もちろん男性も大変な目に。今はやっと停戦状態となっていますが、いつまた戦争が起こるかとても緊迫した状況には変わりなく、治安は最悪。
これは本で読んで知ったこと。
まだそんな横暴な戦争が同じ地球上で起こっているなんて、本当に心が締め付けられる。

この山本敏晴と言う医師は写真家としても活動して色々な国でこの現状を知ってもらうべく個展など開いたりもしたり、〝NPO法人 宇宙船地球号〟を創設、世界40カ国以上で活動しているそうです。

こういう志はいくつになっても必要ですね。
あたしも見習わなきゃ。

ホント、日本って幸せな国だと実感する。

そしてまた、あたしは次の本を手に取った。
また読みふけようかしら・・・。
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント