FC2ブログ

08月 « 2019年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

【世界侵略:ロサンゼルス決戦】

2012年 10月30日 21:32 (火)

【世界侵略:ロサンゼルス決戦】

原題は『Battle:Los Angeles』、北米以外では『World Invasion:Battle LA』

1942年、第二次世界大戦中日本軍によるアメリカ本土攻撃が行われる中南カリフォルニアで発生した騒動《ロサンゼルスの戦い》が題材にされたモキュメンタリー(フェイクドキュメンタリー)映画。

2011年アメリカのSFアクション映画で、PG-12指定。


ストーリー的には題材にされている《ロサンゼルスの戦い》がモチーフで、1942年2月25日LA上空に未確認飛行物体が現れ、アメリカ軍は日本軍による空襲だと誤認、この騒動は大きな被害も無く収束するも、その後1965年ブエノスアイレス、1983年ソウル、1991年ロンドンで確認される。
その実態は分からないままだった・・・。
2011年、長年にわたるエイリアン監視の中、再び現れた飛行物体の中から侵略者によって世界中の都市が一斉攻撃を受け、人類は危機に陥る。
都市に残された民間人を救うべく、海兵隊員は赴く・・・。

【世界侵略:ロサンゼルス決戦】


《監督》ジョナサン・リーベスマン・・・【実験室KR-13】(かなり暗い映画です)【タイタンの逆襲】ナド

《脚本》クリストファー・バートリニー

《製作》ジェフリー・チャーノフ、ニール・H・モリッツ

《製作総指揮》デヴィット・ブラット、オリ・マーマー


《主演》

アーロン・エッカート(マイケル・ナンツ二等軍曹)・・・【ダークナイト】が記憶に新しいです、が。個人的にはあまり好きではなかったりしますが・・・(苦笑)でも、観る映画には出演率は高いですね(笑)

ミシェル・ロドリゲス(エレナ・サントス技能軍曹)・・・【ワイルドスピード】【バイオハザード】【S.W.A.T】【アバター】ナド、銃がとても似合うあたしの好きな女優さんです♪

ラモン・ロドリゲス(ウィリアム・マルティネス少尉)

ニーヨ(ケヴィン・ハリス伍長)・・・R&Bシンガーソングライター♪

コリー・ハードリクト(ジェイソン・ロケット伍長)

ウィル・ロッサー(リー・イムライ伍長)

ジノ・アンソニー・ペシ(ニック・スタブロウ伍長)・・・個人的にタイプな俳優さん☆映画内だけど三枚目でお調子者だけど決めるとき決めてくれる、良い男を演じてました♪

ニール・ブラウン・Jr(ゲレロ上等兵)

ジェームス・ヒロユキ・リアオ(スティーブン・モットーラ上等兵)

ジム・パーラック(ピーター・カーンズ上等兵)

ジョー・クレスト(ジョン・ロイ曹長)

ブリジット・モナイハン(ミッシェル)・・・あたしの好きな映画【コヨーテアグリー】、【アンノウン】にも。

マイケル・ペーニャ(ジョー・リンコン)・・・【ミリオンダラー・ベイビー】【バヴェル】【大いなる陰謀】ナド。


飛行物体観測から突然借り出された兵士たち、マイケル・ナンツ二等軍曹(アーロン・エッカート)はみんなから嫌われていて、命令を下すウィリアム少尉は首席で卒業した超エリートで、まだ戦場に不慣れな状態と言うところからの始まりでしたね。

キーポイントはすぐに出しちゃうところが微妙でした。しかも『あ。それでそうなるのね』と、簡単に推測可能(苦笑)

しかも、世界都市一斉攻撃で、都市は火の海になっていると言うのに、TVでは冷静にエイリアンが何故来たのか評論家が説いている。そんなんしとる場合かね?と言う心境。って、そこどこで撮影してるの?見たいな感じ。

結局なんで来たかよく分からないし、宙ぶらりんな感じも致しました。


でも、終盤まで来たところで、ばらばらだった兵士たちの心が一丸になっていく様はちょっと感動を覚えました。

言葉を交わさなくとも、行く時は一緒、一人にはさせないと言う感じが良かったです。



そういう仲間がいるということは本当に宝です♪♪♪


10月も終盤・・・早いものです。
そろそろコートを出したほうがいいと天気予報で言ってたけど・・・まだ早いような気もします・・・。

羽毛布団を出すタイミングがあたしにはまだ分かりません・・・(笑)
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント