FC2ブログ

08月 « 2019年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

【永遠の0】

2013年 07月31日 22:20 (水)

何だか気になってちょっと前に購入した本。

話題になっているとも知らず、ただなんとなく買った本。


【永遠の0】

IMG_9592+(1)_convert_20130731213754.jpg


内容もどういう本かも知らず、読み始めた。


“縁”を感じてしまった。


多大な犠牲を払った戦争の話だった。

あたしたちが今、平和ボケしている数十年前には平和になることを望んで日本と言う国の為に自らの命を犠牲に払った男たち、その中で生きる人たちの話だった。


当初世界で最も恐れられていた零戦闘機。



臆病者で、誰よりも“生”に執着した凄腕のパイロットの知られざる一生の幕が開く。


日本のあり方と言うのは、とても寂しく感じてしまった。

人命軽視もここまであったのかと愕然してしまった、その反面、特攻に挑む青年たちの清々しいくらいの姿勢に涙してしまった。


あたしはさっき“縁”と書きましたが、今年初めて2月の建国記念日に休みを取って靖国神社へ行って来ました。

参拝の後、隣接している“游就館”へ行き、色々な展示物の中何百枚とある遺書を目にしました。

あの時代、遺書に関しても上官より検査が入ったと言われています。
身近な人だけがその心境を知ることができるその遺書には恐れより、明るい未来のようなものを感じました。


小説にもある男たちの年齢は20代、あたしは同じ年のとき何を考えていただろう・・・。何をしていたんだろう。
時代が時代なのかも知れないけれど・・・。


謎に包まれていた一人の零戦闘機乗りの一生が紐解かれて行くうちに夢中になってしまった。

男性でも、女性でも、惹かれてしまう。あたしもその一人です。

涙して読み終えました。



宮崎駿監督の【風立ちぬ】が公開されましたね、これは零戦が生まれるお話ですが、この【永遠の0】は今年12月21日より公開されるそうです。


とても楽しみです、是非観に行きたいと思いました。

まだ本を読んでいない、読みたい、と言う人のためにあらすじも書きませんでしたが、お勧め致します。

それは、この上ない尊敬と、感慨深い思想の理解と、壮大な愛こそが描かれてると感じた作品だからです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント